スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

誤解です 

 

  
ハナシは急展開で、南米から急遽ニューヨークへ飛んだ。
しかし飛んだはいいが、いろいろと問題があった。


0986.jpg


まず寒い。ここまで寒いとは思わなかった。
流石は北半球の冬だ・・・などと思っていたが、よく考えたらこの前まで滞在していたベネズエラも北半球の冬だった。
あそこは死ぬほど暑かったが、どうしてなのだろうか?


考えてみたがよくわからない。たぶん 妖怪のせい だろう。


それはともかくとして、ニューヨークではタバコを吸うのが難しい。
なんでもニューヨーク市は公共の場所での喫煙が法律で禁じられているようで、これは愛煙家にとっては問題だ。

いやいや、違う。こんなことを書きたかったわけじゃない。私は荷物のことを書きたかったのだ。

ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港で荷物を受け取ったとき、何かバックパックに違和感があった。
なのでバックパックを開いてみたら、中からこんな紙が出てきた。


1011.jpg


なんだか難しいスペイン語で書いてあるので完璧にはわからないけど、頑張って自分なりに要約すると


「オマエの荷物すごく怪しかったから、勝手に開けて中身チェックさせてもらったわ。」


 ということである。いい加減にしてほしい。人様の荷物を無断で開けるとはどういうことか。

純情バックパッカーである私の荷物に限って、へんなものが入っているわけがないであろうが。

ボリビアではコカの葉を買ったけれど、それは高山病対策のクスリとして買っただけだし、そもそも現在は所持していない。ひょっとしたらバックパックにコカの匂いでもついていたのだろうか?

いや、そういう問題じゃなかった。TSAの業務は危険物のチェックだから薬物は関係ない。

では何が怪しかったのだろう? 他に危険なものなんて かなり臭いトレッキングシューズ くらいだ。


自分の靴ではあるが、自分でも 細菌兵器 かと思うくらいのニオイである。  


数ヶ月洗っていないくらいでこんなに臭くなるものだろうか?


ひょっとしたらこれも 妖怪のせい かもしれない。




ランキングに参加しています。
クリックしてくれると、更新頻度が上がるかもしれません。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 
よろしくお願いします。


スポンサーサイト

category: [南米] リアルタイム旅行記

thread: バックパッカー - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

最恐・最凶の国べネズエラ 経済崩壊状況 

 

 
ベネズエラが経済崩壊で大変なことになっている。コロンビアからベネズエラへと陸路国境越えをしたのだが、国境で100米ドルを闇両替をしたら、なんと10,000ボリバルになったのだ。計算すると1米ドル=100ボリバルということになる。 

ATMに適用される公定レートは 1米ドル=6.3ボリバル だから、公定レートと実勢レートで15倍以上の開きがあることになる。これはベネズエラの経済が崩壊していて、自国通貨のボリバルの価値が地に落ちているためだ。

ちなみに100枚の100ボリバル札(最高紙幣)はサイフにもポケットにも入らなかった、ベネズエラよ、あまり手間をかけさせるな。


0775.jpg


そしてこの経済崩壊だが、実はインフレや極度の物不足を引き起こしていて、国民の生活は非常に狂しいものになっている。そんな状況の中、私は公定レート換算では本来なら2万円以上するホテルに闇両替を利用して1500円で宿泊し

 「経済崩壊バンザイ‼︎」

 などということは決して思うことはなく、心の中で日々の生活に苦しむベネズエラ国民の為に涙を流しつつ、ホテルライフをエンジョイしまくっていたという。


0773.jpg


ちなみにこのホテルだが、エアコン完備・wifiサクサク・プールがあって・バーがあって最高だ。

部屋も広くてオシャレで、大画面の液晶テレビがあって、衛星の多チャンネルが視聴可能。そんなに沢山の番組が見られる部屋に泊まったことなんて無かったので、リモコンを使って電子番組表をチェックしていたら、ふと

 「アダルト」

 と書いてあるプログラムが目に入って、もちろん私はそんなものに興味はないので、他のチャンネルにしようと思ったのだが、ここで私の中のもう一人の、言わば

 「リトルKOG」 (by 本田)

 が勝手にボタンを押してしまったようで、

 「プレイボーイ テレビ」

 とかいう番組の説明画面になってしまった。


0818.jpg


純情好青年の私はもちろんそのような番組を見ようと思うはずがなく、それでも一応 最後までしっかりと一字一句もらさず説明を読んでみたら、そこには


「オマエ、これ観たいんだろ? 見たいなら2時間で30ボリバル払え。」


 と書いてあった。それを読んだ私は


「ペイ・パー・ビューか。バックパッカーがそんなことに大切なお金を使うわけがないだろう。」


 と思って、もうテレビを消そうとしたら、ここでまた 「リトルKOG」が



「おいおい、30ボリバルって闇レート換算なら日本円で35円だぞ。絶対に観るしかないって‼︎ 」



 とか言い出して・・・・・


 ・・・・・ おっと字数制限が来てしまったので、残念ながら純情好青年によるベネズエラの経済崩壊レポートを終わることにする。




ランキングに参加しています。
クリックしてくれると、更新頻度が上がるかもしれません。
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 
よろしくお願いします。


category: [南米] リアルタイム旅行記

thread: バックパッカー - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。