FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

スーダン郵便局 

 

ハルツームから日本にいる知人にハガキを送ろうと思い、中央郵便局に行きました。皆さんはあるいは御存知ないかもしれませんが、スーダンというのは観光客が非常に少ない(というか現在ほとんどいない)国でして、そのため首都でさえ土産物屋というものがなく、ポストカードというものを街中で購入するのは非常に困難です。だからといってスーダンからエジプトのポストカードを使って・・・というのではあまりにも悲しすぎます。しかしながら中央郵便局ではポストカードが買えるというので、面倒だけど中央郵便局まで行ってポストカードを購入し、その場で書きあげてしまい、そのまま送ってしまうことにしたのです。


そして実際に中央郵便局に足を運んだところ、情報どうりにポストカードは売っていました。ただし質は最低で、10年前から置いているんではないだろうか?と、疑いたくなってしまうようなシロモノです。しかしここ以外に買える場所は無いのでいろいろと品定めしていたところ、スーダンらしくない風景の写真が印刷されているポストカードを発見しました。美しい山の麓を青い川が流れ、その周りを緑の木々が生い茂るといった風景です。スーダンは砂漠の国というイメージしかなかった僕にとってその写真はとても印象的でした。だから僕は即座に係りのオジサンに


「これスーダンなの?」


 と、尋ねました。するとオジサンは


「もちろんだ。これはダルフールだ。」


 と、答えました。


ダルフール地方・・・現在スーダンで最も危険な地域です。写真で見る限りかなり美しいところのようですがとても行く気にはなれません。そんなことを考えていたらオジサンが


「ダルフールは良い所だ。是非行くべきだ。」


 と、薦めてきます。


「でもデンジャラスでしょ?」


 僕がそう言うと、


「いや、ノープロブレムだ。」


 と、答えます。


「だって内戦やってるじゃん。」


 僕がそう反論すると


「ダルフ-ルの全部が危険というわけじゃない、この写真の場所は安全なんだ。」


 と、答えます。


「いや、絶対ムリ。行ったら死んじゃうよ。」


最後に僕がそう強く主張するとオジサンは


「いや大丈夫だ。むしろ今はハルツームのほうが危険だぞ。」


 と、答えました。


恐るべしハルツームの暴動。現地人にダルフールより危険と言わせるとは・・・。




post


ダルフールの絵葉書をデジカメで撮影してアップしました。

スポンサーサイト

category: [アフリカ編] リアルタイム現地報告

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kazetairiku.blog.fc2.com/tb.php/13-5eb891e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。