スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

またまたトラベルブルー 

 

 
さて、そういうわけで1週間後の11月20日から南米大陸に行くことになった訳だが、旅立つ前にやらなくちゃいけないことがある。

それは 「情報収集」 だ。

最近の私の海外旅行はいずれも短期間のものだったから、バックパッカーとしての感覚が失われているのが現状だ。

以前にユーラシア大陸横断とかアフリカ大陸縦断とかしていた頃は、トラブルに遭遇しても 純情バックパッカー の能力をいかんなく発揮して対処していたけれど、今の私がその能力を取り戻すにはもう少々時間がかかると思われる。

そうなると、当面できる対策としては、自分が能力を取り戻すまでの間は


「とにかくトラブルを避ける」


 しかないのではないだろうか?


なので私はまず、南米でトラブルに遭遇しないよう、インターネットで情報収集に努めることにしたのだが、
上手い具合に初心者向けの旅行情報のサイトを見つけることができた。以下がそれである。





Top 10 Most Dangerous Cities in the World 2014
(世界で最も危険な10都市)



http://www.top10zen.com/top-10-most-dangerous-cities-in-the-world-112?viewOnSinglePage=true



1位 カラカス(ベネズエラ)
2位 デトロイト(アメリカ) 
3位 サント・ドミンゴ(ドミニカ共和国) 
4位 キンシャサ(コンゴ民主共和国)
5位 バグダッド(イラク)
6位 リオデジャネイロ(ブラジル)
7位 ムザファラバード(パキスタン)
8位 モガディシオ(ソマリア)
9位 シウダー・フアレス(メキシコ)
10位 ケープタウン(南アフリカ共和国)




   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな都市に誰が行くんだ?




もうほとんど戦場みたいな都市が含まれているんだけど。

サイトの「トラベル」というカテゴリに置かれているページなのだが、にわかには信じられない。

写真を見てるだけでも恐ろしくてしょうがない。

でもまあ、私が行くのは南米で、ランクインしているのは2都市だけなので、とりあえずカラカスとリオデジャネイロ
だけ簡単に翻訳してみよう。


カラカス

「カラカスの犯罪率は非常に高く、政府自らが旅行者に対して警告を発行している。誘拐事件も多発。ほとんどの被害者は地域住民であるが、旅行者も同様に誘拐されることで知られている。暴力的な強盗事件も近年増加してきた。」


   ・・・危険すぎる。政府が自ら危険と言うなんて、ちょっとおかしいぞ。しかし犯罪発生率が非常に高いって、どのくらい高いのだろう? 念のためほかにも調べてみよう。ウィキペディアがいいかな。


「カラカスの治安は非常に悪く、2008年は10万人当たりの殺人発生率が130人となり世界最悪、2012年でも10万人当たり119人と世界3位の数字を記録している。」

   10万人あたりの殺人事件が130人。カラカスの人口は430万人だから、市内の殺人事件は年間で・・・
・・・ 5,590人!!

 おいカラカス、年間5,590人って、人が死にすぎだぞ。それにこれってあくまで殺人だから、強盗事件で重傷を負った人とかは含まれていないんだよね?

 ・・・とりあえずカラカスは旅のルートから外そう。もともと特に行きたいわけじゃないし。


さて、もうひとつはリオデジャネイロだ。まずはサイトを翻訳してみよう。


リオデジャネイロ

「市内では犯罪事件に巻き込まれた市民の命が毎週30人以上失われている。
これらの原因の多くは流れ弾によるものである。」


 毎週30人が死ぬってことは、年間52週あるから、1年間で・・・1,560人!!  いったいどんな都市なんだよ!!

ワールドカップ開催期間中は政府も十分に警戒していたみたいだけど、もう終わって数か月経過しているし、やっぱり危険なんだろうな ・・・ すみません。そういうことなら、リオデジャネイロもパスします。


ふう、とりえず上記の2都市は避けて通るしかない。南米行きの航空券は先日もう手配してしまったけれど、幸いなことに旅のルートはまだ決めていなかった。


ん? 「南米行きの航空券は先日もう手配してしまったけれど」


あれ?






rio2.jpg






   RIO DE JANEIRO ・・・ ?







rio1.jpg


ああ、もう行きたくねー(泣)


 ・・・ 誰か、流れ弾の避け方を教えてくれ。



スポンサーサイト

category: [南米] その他

thread: バックパッカー - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kazetairiku.blog.fc2.com/tb.php/37-922da294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。