スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

飛行機は下品な乗り物か? 

 

今、オランダのアムステルダムにいます。えっ、アフリカはどうなったって?いやもうアフリカなんてどうだっていいんです。このブログは「ヨーロッパ・グルメ紀行」に変更です。高級ホテルに宿泊して豪華料理をたらふく食べて・・・っていうのは冗談で、実は飛行機の乗り継ぎのためにここに滞在しているのです。もともと旅のスタート地点までは飛行機で行くつもりだったのですが、そのスタート地点まで日本から直行便が飛んでいないので、ここアムステルダムで乗り換えになるのですが、せっかくだからトランジットじゃなくてストップオーバーにしたのです(今までオランダに来た事が無かったので)。ですので心配しないで下さい。これからちゃんとアフリカ向かいますので(笑)。

さて今回のハナシは飛行機について。実は今回のタイトルですが、作家・開高健が

「飛行機ほど下品な乗り物は無い」

と、(確か)エッセイに書いていた文章からとったものです。で、この文章の意味についてですが・・・実は僕わからないんです。何故わからないのかというと、これがまた実にヒドイ理由で、
単純にこの前後の文章を失念してしまったのです。ただ、どうして忘れてしまったのかという原因だけはハッキリと自覚していて、

「この一文の印象が僕にはかなり強烈すぎて、その前後の文章がかすんでしまった。」

ということなのです。言い訳がましいですが・・・。現在海外にいるので開高健がどのような理由で上記ような事を言ったのかを調べることができません。ですので推測することしかできないのですが、実は開高健という方は小説家として有名ではありますが、過去にはベトナム戦争に記者として従軍したりとか、秘境で釣りをして旅行記を書くとか、かなりアウトドアというかバックパッカー的な広い経験を持つ人なのです。おそらく戦場とかジャングルでは飛行機を使える機会なんて無かったことでしょう。そういったハードな経験が彼に上記のような文章を書かせたのではないか?と、僕はいまのところ勝手に思っています。というのも、僕もこの文章に全面的ではないけれども、少しばかり共感できるところがあるからなのです。

僕は以前、ユーラシア大陸を陸路だけで横断しました。最初から決めてそれを実行したわけではないのですが、結果としてそうなりました。陸路だけで旅をした事については、悪かったこともあれば良かったこともありました。悪かった点はやはり飛行機での移動にくらべてハードだったこと。そして良かった点は

「世界の広さを身をもって実感できた」

というところです。僕は今回日本からヨーロッパまで12時間たらずで到着しました。前回の旅でヨーロッパまで行くのに半年かかったことを考えれば、本当にあっという間でした。実際アムステルダムの空港に着いたときには、「ああ、やっぱり飛行機はラクだし安全だし速いな」なんて、そのときは思っていました。でもそれから数日経った今ですが、

「確かに飛行機は便利だけど、なんだか味気なくないか?」

という思いに変わってきているのです。確かに飛行機を使うことによって時間は節約できたのかもしれないけれど、それと引き換えに旅のおいしいところを捨ててしまったような気がしてならないのです。もちろん僕は飛行機を利用する旅を否定しません。でもやっぱり、なんだかつまらない。開高健のように「下品」とまでこきおろすまではしないけど、やはり陸路の旅より面白さが少ないような気がするのです・・・。

ふう、このブログは確か「リアルタイム旅行報告」で、現地の状況をお伝えすることが本来の主旨なのですが、ふと感じたことを書いちゃいました。飛行機に乗らなければ開高健の文章のことなんて思い出さなかったんでしょうけど。

さて、皆さんはどうですか?飛行機は下品な乗り物だと思いますか?
スポンサーサイト

category: [アフリカ編] リアルタイム現地報告

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kazetairiku.blog.fc2.com/tb.php/4-ccf2f33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。