FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

オランダとドラッグ 

 

ただいまスペインにおります。だんだんアフリカに近づいてきましたね。さてスペインは前に一度来たことがあって新鮮味がなく、よって書く気がおきないので、代わりにオランダ滞在のハナシをひとつ。皆さん、オランダと聞いて何を思い浮かべますか?風車、チューリップ、サッカー・・・ですって?なるほど確かにそれも有名ですが、皆さんそれ本心で言ってます?正直になりましょうよ。そうです、オランダといえば



「売春とドラッグが合法の国」



そうです。まさにそれこそがオランダ、自由の国です。もちろん僕個人としては、ええ、どちらも全然興味ないんですけど、ただ




「きっとブログ見ている人達が知りたがるだろうから」




と、思ったので、嫌々ながら見てまいりました。有名な「コーヒーショップ」というところを。コーヒーショップというのは、ドラッグをする人達が集まる、入場無料のちょっと変わった喫茶店です。首都アムステルダムの中心部にはいたるところにコーヒーショップがあります。試しにそんな店のひとつに入ってみると、電気を使わないロウソクだけの薄暗い店内でトランスやらインド音楽とかが流れて、その雰囲気に初めはさすがに緊張しました。客層は年齢で言えば若い人達ばかりですが、その幅は広く、男も女も、アムステルダムの住人も観光客も、学生風も社会人らしき人もいます。ぐるぐると店内を歩いた後で、何もせずに出るわけにはいかないので、とりあえず着席。まわりを見回すとたいていの客はドラッグをやりながらなにかしらのドリンクを飲んでいます。実はコーヒーショップには「暗黙のルール」のようなものがあるらしく、

「入場無料だし、自分が持ってきたドラッグを吸うのもかまわないけど、何か飲み物は注文してくれ」

ということらしいのです。ちなみに逆はオーケーで、つまり

「ドラッグはやらないけれど、ドリンクだけ飲む」

という普通の喫茶店で我々がよくやる行為は全く問題ないそうです。さて、そういうルールなので、あくまで「読者のために」来ている僕はドラッグはやらず、飲み物だけ注文しようとゴツイ黒人のウエイターにメニューを見せてもらいました。さて、何を飲もうかなと、メニューに目をやると・・・




メニュー



ネパール(1グラム)--- 2ユーロ



アフガン(1グラム)--- 3ユーロ











・・・・・ドラッグじゃねえか!




まさかドラッグのメニューまで堂々と置いているとは思わなかった。今回の記事が好評であれば、「売春」のほうも書くかも。一応、見るだけは見てきちゃったので・・・。




スポンサーサイト

category: [アフリカ編] リアルタイム現地報告

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kazetairiku.blog.fc2.com/tb.php/5-b0dc5cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。